便秘

  • はてなブックマークに追加
  • 便秘が起きる時には体調が落ちて腸の働きが悪くなっているときに便通が悪くなって便秘になります。
便秘を解消するなら薬ばかり使っていないで原因から解消

便秘は

便秘と言うのは大腸の問題です。腸も大腸と小腸がありますから、便秘で主に起こすのは小腸ではなく大腸です。

大腸の働きが低下して起きるのが便秘なので、便秘薬、サプリメントや健康食品を試したり、大腸に良い菌を増やすことをしたり、繊維質の食べ物を食べたりなどで大腸の働きを促すようにしていると思います。

しかし、いくら外的なもので便秘を解消しようとしても大腸自体の問題があると、それらは効果はなくはありませんが、半減してしまいます。

便秘薬、サプリメントや健康食品を試したり、大腸に良い菌を増やすことをしたり、繊維質の食べ物を食べたりすることを外的な要因と言う事を言いますが、外的なものから変えても、内的な要因は変わっていません。

 

内的な要因とは大腸自体です。

大腸自体、大腸そのものの働きを変える事をしているのが当院の大腸の治療になります。

大腸が働かないのはどうしてなのか??

どうして便を前へ送ることが大腸でできないのか??

大腸が普段から、しっかり働くことをしていると便秘は起こりません。しっかり便を排便してくれます。

便秘薬、サプリメントや健康食品を試したり、大腸に良い菌を増やすことをしたり、繊維質の食べ物を食べたりばかりしていると、原因はどんどん進行していきます。

便秘薬、サプリメントや健康食品を試したり、大腸に良い菌を増やすことをしたり、繊維質の食べ物

便秘薬、サプリメントや健康食品を試したり、大腸に良い菌を増やすことをしたり、繊維質の食べ物を食べたりは一時的な抑えですから。

簡単にはいきませんが、大腸の動きを良くしていくことをしています。

その為には大腸に行く神経の量も重要なものです。神経の量とは自律神経の働きに関係しています。

大腸を動かしているのは自律神経ですから、自律神経の働きが低下してしまうと大腸の弱さがある方は、余計に大腸が働きが低下してしまいます。

大腸も勝手に働いている訳ではありません。

自律神経失から命令をもらわないと大腸は働きません。

つまり便秘も自律神経失調症状態では働きが悪くなります。自律神経失調状態になるのは体調の低下です。

自分で思っている以上に体調が落ちている方が多く体調が落ちると大腸は働きが落ちて便秘になることもあります。これは一例です。

脳疲労から

体調が落ちているからと言って痛みやこりがあるわけでもない方は脳疲労が起きているかもしれません。

眠りが浅いと脳疲労が起こります。脳疲労が起きると脳内ホルモンんもバランスが崩れていますから。

そして自律神経のおおもとである脳幹が弱っています。脳幹が弱るとすべての内臓が正常に働くことはありません。

大腸の働きの低下

便秘は腸の働きが低下して起こります。便を前へ送る動きの事を、ぜん動運動と言います。

腸が弱ると、この、 ぜん動運動ができにくくなります。薬などに頼ることもいいかもしれませんが、それでは、何も変わっていません。 何か原因があるわけですから、原因から変えていくことをしていかないと。

 

ほとんどの場合、体調が落ちていると、骨盤が歪みや骨盤が開いたりしています。こんな状態では腸も正しく働きません。 腸自体にしろ、腸に行く自律神経にしろ、しっかり働いていれば便秘は起こりません。 何かの原因があるから、便秘になるわけです。

骨盤から便秘

まず腸よりも、体調を上げて体を整えていく事です。体を元気にしていく事をしないと、腸はそれだけでも働きが悪くなりますから。

腸は自律神経の影響を受けて働いています。自律神経が乱れると交感神経、副交感神経などがちゃんと働きません。働かないと便秘体質の方は便秘になります。これが体調と体質の関係です。

体調だけではなく体質も関係しています。 腸をいつまでも元気働かせようと思うなら、体調と体調が良くなった時に体質を直すことが必要です。 体質改善の施術は持続力があります。体質改善と言うのは、別名、体質改善 アンチエイジング(若返り)ですから。

例えば、腸自体が固いとうまく動きません。その為、大腸自体を柔らかくしていく必要があります。この時にするのが体質改善と言う施術です。 大腸を直していくわけです。

便秘の原因

 

予約、相談は:093-962-9133

 

ぜん動運動が出来ないと、便は、水分が失われていきます。

ぜん動運動が出来ない原因は、

 

当院は北九州市八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市などから多くの方が来院しています


自律神経失調症