カイロプラクティックとは

  • はてなブックマークに追加
  • カイロプラクティックはボキボキしたり痛いと言うイメージですが、当院はしていません。手のみで体を整えて歪みを矯正する事をしています。
カイロプラクティックとはマッサージ感覚で矯正

カイロプラクティック

当院ではボキボキしない痛くないカイロプラクティックをしています。カイロプラクティックの純粋な技術力で矯正するので低周波治療器や電器は使いません。

低周波治療器や電器は痛みやこりを治すのではなく散らしてわからなくしているだけですから。

低周波治療器や電器で痛みやこりが治ることはありません。痛みやこりが起きる時には原因がありますから、原因から変えることをしないと散らしていても、本当の意味で治すということにはなりません。

何度も言いますが低周波治療器や電器は、痛みやこりを散らしているだけです。原因があるのに原因を考えもせずしているのが低周波治療器や電器ですから。

カイロプラクティックと言うのはカイロ(手)とプラクティック(術・技術))と言う意味があります。

手の技術が大切

つまり、手の技術力を上げて体を治していくのが目的の治療法がカイロプラクティックといいます。

カイロプラクティックは技術屋なので、治療院では技術力は違います。技術力がない治療院ほど色々な低周波治療器、電気の治療をしています

一時流行した酸素カプセルも入っている時は酸素量が上がりますが、出たらすぐに酸素量は落ちていきます。体から変えることをしないと意味はありません。

技術で賄えないものを補うのが低周波治療器や電器です。原因もなく低周波治療器や電器をすることを対症療法と言います。

対症療法とは原因は関係なく痛みやこりがある部分に電気をしたり、湿布を貼ったり、マッサージしたり、注射をしたりするやり方です。一番、重要なことは『原因がある』と言う事は関係ないという事ですから、一番、楽な治療と言えるかも、怪しい所がありますが。

原因を考える必要もなく、原因を探して見つける必要もない、と言うことなので。

当院でも、実は開院、当初は、技術力もなく検査も上手ではなかったので、色々な機械・電気を使っていました。

低周波治療器や電器は散らすこと

マッサージベット、低周波治療器、磁気、ホットパット、パルス(針みたいな電気)、150万円するレーザー光線、金魚運動するベット、色々な電気を意味も分からずに使っていました。

カイロプラクティックとは低周波治療器や電器ではありません。

 

ある時から技術力をが得るために、セミナーに行くことから勉強をし直すと別のカイロプラクティックがあることに行き当たりました。

次元の違うカイロプラクティックでした。今までしていたカイロプラクティックは初歩の初歩くらいの感じに思えるほどのカイロプラクティックでした。

自分で探して色々セミナーで勉強しました。もう開業していましたので毎週のように東京に行ったりする時期が5年以上も続きました。セミナー出席も300回以上あります。

その努力が今の当院のカイロプラクティックの治療になっています。

そして今でも日々の研究をして技術力が向上するようにしています。

一番、簡単な治療が低周波治療器や電器です。

カイロプラクティックというのは歪みを目的として改善していく方法です。歪みには二通りあって一つは体調による歪みと、もう一つは体質による歪みです。

体調というのは疲れやストレスの蓄積度合いですから日によっても違うし午前中と午後でも違います。

しかし体質から起きているようにというのは、日によって変わることはなくいつも同じでもなく徐々にゆがみは進行していきます。

カイロプラクティックのゆがみをするときに矯正する時にボキボキするのは、体調を落として椎間板の中にできた気泡の空気の泡がはじける音です。

本当の意味の骨の矯正というのは、ボキボキ音はしません。

手の指でボキボキすることと同じ音です。手の指をボキボキして矯正していると思う方はいません。

ボキボキしないカイロプラクティックです。

 

体に多くの疲れがたまると元からある歪みの上に、気泡の空気が椎間板にたまってさらに大きなゆがみとなります。この時に痛みやコリになります。

① 体調の歪み
体調が落ちて起きる歪みというのは、疲れやストレスの蓄積です。疲れやストレスがたまればたまるほど歪みは大きくなって痛みやコリがひどくなります。つまり疲れやストレスの蓄積度合いで体調の悪化から起きている歪みです。仕事でも疲れやストレス、家庭でも疲れやストレス、生活することでたまる疲れやストレス、眠りが浅いことでもたまる疲れやストレス、精神的に不安定になってたまる疲れやストレス、近隣関係との軋轢でたまる疲れやストレス、騒音でたまる疲れやストレス、いろいろな疲れやストレスがありますから疲れやストレスが全くないという方はいません。毎日、生きていくうえで疲れやストレスと関係したうえで生きていくことをしています。疲れやストレスも多くなればなるほど体調を落としてしまって歪みが起きていきます。この歪みが痛みやコリになります。
② 体質の歪み
体質というのは生まれつきある家系的なゆがみに関係しています。生まれつきだれでも背骨にはゆがみを持ってまれていますがまだ小さいので分からないだけです。しかし成長していくことで老化が早まって歪みが大きくなっていきます。元からある歪みも徐々に進行していきます。体の年齢が1年で1歳、年をとるのは暦の年齢などで本当の体の年齢は1年に1歳異常、歳をとっていけます。そして内臓年齢というのがあります。内臓年齢というのは内臓が年をとるということです。暦年齢以上に内臓の年齢が進んだものが時々痛みやコリを起こしながら、さらに老化すると病気につながっていきます。痛みやコリというのは先将来の病気と密接に関係を持っています。

初診では

まず、どの方も初めは体調を上げて体を整えていくことでゆがみを矯正したり代謝を良くしたりリンパの働きを良くしたり老廃物を流したり循環を良くしたり内臓にたまった疲れやストレスを減らすようにしています。

多くの症状の場合、体調を上げるだけで歪みが解消できて痛みやコリが楽になってきますが、最近の方は体調がものすごく悪く体調を上げて体を整えていくだけで数回以上かかります。

特に眠りが浅い方は体調がものすごく悪くなっていますのでボロボロ、ガタガタという方も多くなっています。

眠りが浅い方は自分で回復する力もありませんので中から回復する力を望めません。

外からの力だけではなく中からも治ろうとする力がないと治療を効率が上がりません。

 

カイロは

カイロプラクティックと言うのは、手技と言う意味があります。つまり手のわざ(技)です。手の技を駆使して背骨・骨盤を矯正することで色々な痛みやコリを改善することをしています。

ですから、手の技なので、普通は電器や機械は使いません。

ですから本当のカイロプラクティックは電機や機械は使いません。電器や機械なら外科や整骨院でしています。

電器や機械を使うカイロプラクティックは、もうカイロプラクティックではありません。

電器や機械の意味は、手で改善しない痛みやコリを散らしているだけですから、手の技術が出来ていない方が用いている場合が多くあります。

カイロプラクティックでもマッサージ感覚のカイロプラクティック

 

カイロプラクティックと言うと保険は効きません。保険が効く所とは、違う事をしているのがカイロプラクティックの施術になりますから。

カイロプラクティックは背骨や骨盤の矯正術です。電器や機械を用いて痛みやコリを散らしてわからなくすることはカイロプラクティックではありません。

カイロプラクティックは痛みやコリの原因である歪みを矯正して整えていく事をしていくので、歪みが矯正されることで痛みやコリを改善することです。

カイロプラクティックの施術は日本どこでも保険が効きません。

カイロプラクティック以外では保険が効きます。

しかも、保険が適応なので割安で済みます。

しかし、

保険が効く所があるのにカイロプラクティックは保険が効きません。

保険が効けば安いのに、どうして保険が効かないのか理由があります。

保険が効く所は、対症療法と言う施術をしている場合が多いようです。

対症療法と言うのは

対症療法は痛み止めの注射や、電機や機械に代表させる施術です。

電器や機械は痛みやコリを散らすことはできます。

痛みやコリが起きた原因は関係ありません。

カイロは歪みが痛みやコリの原因だと言う事で施術していきます。

他院と当院の違い

他院では、歪みを矯正することをしていると思います。

当院では歪みの原因を改善していく事をしています。歪みが起きる時も歪みが起きる原因があります。

痛みやコリになる歪みの原因があります。

この原因から改善していく事を当院ではしています。

小顔矯正、骨盤矯正、輪郭矯正、頬骨矯正、エラのハリを減らす矯正、ウエストがクビレてくる矯正体重よりも見た目から体を細くする矯正、ストレス解消、腰痛、肩こり、首の痛み、首のコリ、頭痛、片頭痛、生理痛、便秘、下痢、イライラしやすい、めまい、ヘルニア、坐骨神経痛、夢ばかり見る 寝ながら考え事をしている、不妊症、冷え、股関節の痛み、目のカスミ、耳が痛い、病中病後の体調管理、尿漏れ、膀胱炎、ばね指、貧血、イライラしやすい、自律神経失調症、更年期障害、うつ、パニック障害、引きこもり、不登校、成長痛などの症状がカイロプラクティックの適応です。

 

カイロプラクティックは

カイロプラクティックは背骨や骨盤を矯正して体を整えていく施術法の一つです。

痛みやコリがある時は、もちろんですが、痛みやコリがないときも歪みが起きています。

この歪みが痛みやコリがなくても多かれ少なかれあると痛みやコリになりやすくなります。

歪みがあると腰痛、肩こり、頭痛、便秘、下痢、疲れやすい、眠れない、首の痛み、首のコリ、生理痛、生理不順、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛などが起こります。

カイロプラクティックは、アメリカから入ってきた背骨の矯正法の名称です。アメリカでは医学大学がありますが、日本では民間医療になります。

カイロプラクティック協会所属

当院の院長は、東京の池袋にあるPAACと言う協会に所属しています。 

この協会の正会員ですが、正会員になる為には、国家資格に準ずる試験があります。この試験をパスしないと正会員にはなれません。

※APPC(パシフィック・アジア、カイロプラクティック協会)は日本を代表するカイロプラクティックの団体です。

カイロは

カイロプラクティックは電機や機械は使わずに、背骨を矯正していく施術法です。カイロと言うのは、ギリシャ語で手と言う意味で、プラクティックはプラクティコスという言葉の造成語です。 

合われて読むと、カイロプラクティックと言い日本語で一番近いのは、『手技』と言います。つまり、『手のわざ』です。 手の技で背骨を矯正することを言います。それがカイロプラクティックと言う意味です。

人の体は脊髄から神経が出て、背骨の所で分かれています。一つは、筋肉を動かす神経で、もう一つは、内臓に行く神経です。骨がずれると筋肉を動かす神経はよりも、先に内臓を動かす神経に影響します。

神経が出る背骨

 

と言うよりも、内臓に疲れやストレスがたまると、背骨は歪みやズレを起こしています。

ほとんどの背骨は内臓に関係しています。内臓に疲れやストレスが、たまると背骨は歪みやズレを起こしています。

疲れやストレスの蓄積が

体に疲れやストレスが、たまるときには、筋肉にもたまりますが、ほとんどの疲れやストレスは内臓にたまっていきます。

内臓にたまると、内臓に関係する背骨の歪みやズレを起こしていきます。この時に痛みやコリになっています。

カイロプラクティックの歪み矯正は

このイラストの背骨も内臓に疲れやストレスがたまって起きています。背骨がズレて、ズレが起きた場所によって症状が違います。

上のイラストは、背骨と関係が深い内臓を表しています。 内臓に疲れやストレスが多くたまると、背骨の歪みやズレが大きくなります。この時に痛みやコリになっていきます。悪化すると、椎間板ヘルニアにもなります。ヘルニアは首から腰まで起きます。

代表されるものは、頸椎ヘルニア、腰椎ヘルニアなどですが、全身に起こります。首の一番上の!・2番目は椎間板がないのでヘルニアにはなりませんが、ほとんどの背骨はヘルニアになる可能性があります。ヘルニアは、体調の悪化で起こります。 体調を良くすることでヘルニアは少なくなっていきます。



カイロプラクティックと言うのは、背骨を矯正する施術法ですから、背骨を矯正する時にボキボキしたりしています。 しかし、近年多くのメディアなどでボキボキすることは、本当に背骨の矯正になっているのかと言うことが取り上げられています。

その答えは、下のイラストにあるように体に疲れやストレスがたまると、歪みやズレになります。 この歪みやズレが起きたのは、理由があります。

歪みやズレを整体とカイロプラクティックで解消

 

体に疲れやストレスが

体に疲れやストレスが、たまると、歪みやズレになりますが、体の中は、どうなっているのか。それは、背骨の間に椎間板があります。 別名、軟骨とも言います。

疲れやストレスがたまると、この椎間板の中に気泡が出来ていきます。この気泡が原因で骨の歪みが大きくなります。

しかし、

イラストの左のように、人の背骨は生まれつき真っ直ぐな方はいません。どこかしら、歪みが起きたり、ズレています。 しかし、この状態では、痛みやコリはありません。

歪みやズレも、初めからある状態では、普通は、何も痛みやコリを感じません。痛みやコリを感じるのは、椎間板に気泡がたまって歪みやズレが大きくなった時です。

歪みやズレは初めからあります。

 

①人の体は、生まれながらにして歪みやズレはあります。

②年齢に関係なく疲れやストレスがたまると、歪みやズレが気泡で大きくなります。

③気泡が増えて歪みやズレが大きくなると、痛みやコリが起こります。

④人の体に初めからある歪みやズレが、今ではなくのちのち、病気になる可能性が大きくなる所です。(背骨の歪みやズレは、内臓から起きている)

人の体は、誰でも、親に雰囲気や顔つきが似ているように、体も似ています。ましてや、背骨の歪みやズレも似ています。 背骨の歪みやズレが似ていると言うことは、内臓の弱さ・悪さも似ています。

背骨の歪みやズレ=内臓の弱さ・内臓の悪さです。

弱い所、悪い所に、疲れやストレスは多く蓄積していきます。疲れやストレスが長く多く蓄積すると、内臓は老化していきます。 しかも、まずいことに多く長く蓄積していると、老化が促進させてしまいます。

老化が早くなると、より、一層弱く悪くなっていきます。

当院のカイロプラクティックの施術では、

カイロプラクティックと言っても、ボキボキしません。

当院のカイロプラクティックは、そんなテクニックをおぼえればできるものではありません。

 

当院のカイロプラクティックは

①体調を上げていく施術をしていきます

理由は、必ず、痛みやコリがある時には、疲れやストレスがたまっているからです。疲れやストレスがたまると、歪みやズレが大きくなっています。

この状態から抜けだすためには、疲れやストレスを減らすことが必要です。

疲れやストレスが減ると、椎間板にできた気泡が減っていきます。気泡が減ると、歪みやズレが解消されていきます。

そうして楽になっていきます。

②体質を改善すること

体調が落ちやすい原因は体調にあります。体調から変えていく事をしないと、先将来の問題につながるし、老化して弱くなった時に色々な問題になるからです。

体質的な弱さや悪さが根底にあって体調が落ちた時(疲れやストレスがたまった時)に、痛みやコリになります。

ベース(基本)は、体質です。疲れやストレスがたまっていない方はいません。 痛みやコリがあるのに、歪みやズレがない方もいません。

 

 

 


カイロプラクティックについて

カイロプラクティックと言うのは、日本語では、手技と言う意味です。 手の技(わざ)と言う意味があります。 と言うのはカイロプラクティックは、『手のわざ』で背骨を矯正することをするからです。

歪みは

背骨の矯正するカイロプラクティック

カイロプラクティックと言うのは

カイロプラクティックとは、背骨をボキボキして矯正する施術法です。普通は、ボキボキして背骨を矯正していきますが、当院ではボキボキしなくても、背骨の矯正をしています。 なにも、ボキボキしないと、背骨を矯正できないことはありません。

ボキボキしなくても 

ボキボキしなくても、背骨の矯正はできる方法があるんです。当院では、その方法を用いて背骨矯正(カイロプラクティック)をしています。

しかも、ボキボキするときの音は、本当の背骨が動いている音ではないと言う事がわかっています。以前は、ボキボキ音は背骨が動くときにしている音と思われていましたが、本当は気泡のはじける音だったのです。

下のイラストで説明していますが、

痛みやコリの原因

ボキボキ音は気泡の音ですが、気泡は、体に疲れやストレスがたまると、椎間板の中に気泡が出来ていきます。この気泡がはじける音がボキボキ音です。

腰や背骨、首の骨のボキボキ音は、すべてこの気泡の音です。 指のボキボキ音も関節が動いているものではなく、この気泡が原因です。

体に疲れやストレスがたまって多くなると、背骨の椎間板の中に気泡が生まれます。この気泡が多くなると、骨まで歪ませてしまいます。 この時に神経が圧迫されたりしてしまうと、痛みになります。 大きく膨らんだものやはみ出たものがヘルニアと言います。 これらも、ずべて体調が落ちて疲れやストレスがたまって起きています。体調が良い時には、気泡は多くなりません。 

 

当院のカイロプラクティックは

当院のカイロプラクティックによる施術は、ボキボキしないで痛くない方法で、背骨を矯正していきます。 電器や機械も使いません。 手のみで体を矯正して整える事が出来るカイロプラクティックをしています。

体調レベルの施術を何回かすると楽になるが、普通ですが、体質改善の施術をしないと楽にならない症状もあります。

歪み矯正

カイロプラクティックと言うのは、ボキボキしたりすることをするのが普通ですが、当院では電機はもちろんですがボキボキすることはありません。

ボキボキすることは痛いとか、怖いとか言うことが多く言われています。しかし、ボキボキすることは手の指をボキボキすることと同じことです。

手の指をボキボキして矯正したと思う方はいません。しかし手の指と同じようにボキボキしても、また、しばらくしたらボキボキ音がする状態になっています。

これは、原因を解消していないからです。

この原因が重要な意味があります。何も原因がないのに歪みは起こりません。原因から解消していく事をしないと、すぐ戻ります。

強い痛みやコリはないかも知れませんが、なんかおかしい状態になります。なんか不調状態になります。

必ず姿勢などではなく原因があります。カイロプラクティックと言うのは原因から改善していく事をしています。

歪みを矯正する

カイロプラクティックと言うのは歪みを矯正することをするわけですが、この歪みは誰でも年齢に関係なくあります。生まれてすぐの子供でも歪みはあります。

しかし、この歪みが後天性の歪みなのか、先天性の歪みなのかと言う事です。

人は誰でも遺伝子で弱い部分と、そうでもない所が決まって生まれてきています。つまり、その遺伝が背骨に歪みを起こしています。

だから、生まれてすぐの赤ちゃんは家系的な遺伝子で弱い部分が決まっています。ゆくゆくは腰痛になりやすい子供も決まっています。

目の視力が低下する方は、生まれつき因子を持っています。

これと同じで

肩こりが起こりやすい方は生まれつき肩こりになりやすい因子を持っています。あとは、いつでるかの違いです。

何かの病気になる方は、生まれつきの因子があって、この因子が徐々に老化して、いつかは、病気になります。

これが体質で起きています。

これを変えていくのが体質改善と言う施術になりますから、そんなに簡単に変わる事ありません。

体質改善の施術で変えていくのは弱い所です。弱い所は、早く老化していきます。早く老化しながら時々痛みやコリを起こしています。

これを少しずつでも変えていくのが当院の体質改善と言う施術になります。

体質改善は別名、アンチエイジング、若返りとも言います。

そんなに簡単に体質改善で変われば苦労しません。

カイロプラクティックと言う意味は

カイロプラクティックと言う意味があります。カイロプラクティックと言う名がついたのは、100年くらい前ですが、昔はヒポクラテス時代から背骨の研究をしていました。

しかし一部の研究でしか、発展しなかったので、名称もなくごく一部でとどまりました。これは医学の父と言われるヒポクラテスが文献と絵画で残しています。

医学の父のヒポクラテスが残したイラストは有名ですね。

カイロプラクティック

カイロプラクティックはまだ、呪い士や祈祷師の時代にもありました。カイロプラクティックと言う名前ではありませんが。

カイロプラクティックの名称が出来たのが約100年前のアメリカです。カイロプラクティックと言う意味は背骨矯正術とか、手技とか、日本語訳されます。

カイロは手と言う意味で、プラクティックはプラクティコスという造成語で術、又は技と言う意味です。

カイロとは背骨矯正術

カイロプラクティックは背骨が中心の考えをしています。色々な症状を直す時に色々な方法がありますが、カイロプラクティックの考えは、色々な痛みやコリは背骨から起きていると言う考えのもと進めていきます。

多くの神経が背骨から出ています。この背骨から出る神経が圧迫されると痛みになります。

カイロプラクティックで扱う歪みのパターン

カイロプラクティックで解消できる症状は、色々ありますが、ストレス解消、腰痛、肩こり、首の痛み、首のコリ、頭痛、片頭痛、生理痛、便秘、下痢、イライラしやすい、めまい、ヘルニア、坐骨神経痛、夢ばかり見る 寝ながら考え事をしている、不妊症、冷え、股関節の痛み、目のカスミ、耳が痛い、病中病後の体調管理、尿漏れ、膀胱炎、ばね指、貧血、イライラしやすい、自律神経失調症、更年期障害、うつ、パニック障害、引きこもり、不登校、成長痛など色々なものになります。

また、美容整体では、小顔矯正、骨盤矯正、輪郭矯正、エラのハリを減らす矯正、頬骨矯正、ウエストがクビレてくる矯正、体重よりも見た目から体を細くする矯正があります。

当院は北九州市、八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、行橋市、下関市などから多くの方が来院しているカイロプラクティック徳力整体院。

当院に来院された方の声

当院のカイロプラクティックの施術を受けに来られた方の声

北九州市小倉南区の40代の女性の方

北九州市でカイロプラクティックを受けられるところを探していました。カイロプラクティックと言うと体を整えられることなので、以前から興味がありました。でも、ボキボキは嫌だなと思っていましたので、ちょうど良い所を探しました。ここの先生はボキボキしませんし、痛くもないカイロプラクティックで歪みを整えてくれます。

 

 

当院は北九州市八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市などから多くの方が来院しています
カイロプラクティックで骨盤矯正、小顔矯正、輪郭矯正、エラのハリを減らす矯正、頬骨矯正、体重よりも見た目から体を細くする矯正、ウエストがクビレてくる矯正、ストレス解消、腰痛、肩こり、頭痛、片頭痛、頭がボーっとする、頭が重い、首の痛み、首のコリ、生理痛、生理不順、便秘、下痢、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、しびれ、耳鳴り、膝の痛み、関節痛、めまい、息苦しい、セキがでやすい、疲れやすい、ダルイ、アトピー、アレルギー、足がツル、足のツリ、О脚矯正、アレルギー性鼻炎、不眠症、貧血、肘の痛み、ばね指、成長痛、シビレ、産後の骨盤矯正、膀胱炎、尿漏れ、ムチ打ち、自律神経失調症、更年期障害、低脳脊髄液生産症・・・などなど、まだ、色々あります。 症状は色々ありますので、まだ書き足していきます。

骨盤の歪みや背骨のズレは

人が4足歩行から立って2足歩行になったことから骨盤や背骨のトラブルが増えていきました。

今から三億五千年、生物がこの地球上に誕生しました。

生物が誕生してそして人が誕生して初めは人も4本足で歩いていましたが進化の過程で2本足で立って歩くようになってから逆に進化の過程がトラブルになっていきました。

今までは4本足で歩いているためにあまりに障害が出ることはなかった骨盤の歪みや背骨のずれが2本足で立って歩くことで歪みを起こすようになりました。

その時代から時が流れて、

あることが起こります。1845年3月7日、ダニエル・デビット・パーマーという人がカナダのオンタリオ州ポートベリーに生まれました。

彼は二十歳の時に生まれ故郷出てアメリカのイリノイ州ニューボストンに住みました。

ここで彼は磁気治療院をしていました。そして治療の傍らある素朴な疑問に行き当たりました。

●同じ兄弟でも体が弱い子もいればそうでもない子ができるのはどうしてなのか。

●同じ人でも病気になる内臓と病気にならない内臓があるのはどうしてなのか。

いつもこのことを考えていました。

それには何が関係するのかいつも研究したり悩んできました。

1885年彼はアイオワ州ダベンポートに移り住みました。街角の角にあるライアンビル人の4階に治療院を構えて磁気治療院はしていました。磁気というのは簡単に現代的に見れば低周波治療器や電器と同じです。

パーマー

 

彼は病気を治すのが天職だと悟り病気の背後には一つの原因があるということに気づきました。

そして寝る暇も惜しんで研究に没頭してきます。

このビルにはハーベィ・リラードと言う管理人兼掃除人がいました。このリラードは耳が不自由でした。以前は聞こえていたそうなんですが狭いところで掃除をしていたら、首のところでをボキっと音がしてそれ以来、耳の聞こえ方が半分以下になりました。

パーマーが治療院を変える支度をしたときに、リラードが扉をノックして掃除していいか聞いてきました。

OKとパーマーは言って帰ろうとしましたが、リラードの横を通り過ぎようとしたときに、首の部分の不自然な出っ張りに気が付きます。

立ったまま、パーマーとリラードは言葉を交わしながら、パーマーは首のところを見せてほしいと言いました。快く快諾してくれたので、治療台に寝てもらうようにして、首を見てみました。

見ているうちに、何を思ったのかパーマーは押してみて良いかとリラードに聞いてみました。

了承してもらえたので、パーマーは首の部分の出っ張りを押してみました。

そうするとボキッと音がして、びっくりするような音でした。リラードの耳元でパーマーは大きな声で話してみました。

そしたら耳が今までとは違って普通の声でも聞こえるということでした。

カイロプラクティックの初めての矯正

 

この首の矯正がカイロプラクティックのは初めての矯正(アジャスト)になります。

今ではカイロプラクティックが世界中に広まっていますのでアメリカはもちろんだカナダやイギリスにもカイロプラクティックあって世界中50カ国以上カイロプラクティックの治療があります。

そして世界カイロプラクティック連合という国際組織まであります。もちろんW HO 公認の組織です。