内臓疲労

  • はてなブックマークに追加
  • 多くの症状や痛みやコリは最終的には内臓に蓄積下疲れやストレスから起こりますから内臓から元気にしていくと歪みも解消させていきます。

内臓疲労から

内臓と言うと変な風に思えるかも知れませんが、内臓と言っても病気ではありません。内臓と言うと即、病気と勘違いする方がいますが、病気と言う訳ではありません。

予約、相談は:093-962-9133

 

内臓疲労から歪みが起きる

 

内臓に疲れが溜まると言うことです。 内臓に疲れがたまることを内臓疲労と言います。この内臓疲労が、体に多くたまると、体は歪みやズレを起こしていきます。 ほとんどの方にあるものですが、多くなると、大変なことを起こしていきます。 年齢に関係なく起きますので、子供さんも内臓疲労は多くたまります。 内臓疲労が多くたまると、体の歪みや筋肉のコリも多くなります。

ストレスとは、疲れです。 ストレスがたまったと言う事は、疲れが溜まったと言い換えることができます。この疲れも多くなると疲労になります。疲労が多くなると疲弊とか、疲労困憊(こんぱい)と言う事もあります。 

この体にたまる疲れはどこかにたまります。 

このどこかが一番肝心です。

腰痛、肩こり、頭痛、便秘、下痢、疲れやすい、眠れない、首の痛み・コリ、生理痛などは内臓に蓄積した疲労から起きています。内臓に疲労がたまっていくと、内臓の働きが悪くなります。内臓の働きが悪くなると、歪みやズレが大きくなります。歪みやズレが大きくなると筋肉の緊張や硬縮は、もちろんですが、椎間板ヘルニアや神経の圧迫、神経の牽引などが起きていきます。

ほとんどの痛みやコリの原因になる歪みやズレは、おおもとは内臓の疲労から起こります。『体が疲れた』と言いますが、ほとんどは、内臓が疲れたと言い換える事が出来ます。

疲れやストレスの蓄積で

体に疲れが溜まると言う事は、内臓に疲れが溜まっていると言う事を言っています。内臓と言っても、病気ではありません。 内臓に疲れやストレスがたまると言う事で体全体の歪みになります。この歪みが背骨の歪み、骨盤の歪みになるわけです。この事を内臓疲労と言います。

内臓と言っても病気ではありません。ほんとのあらゆる原因は、内臓にあります。 内臓に疲れやストレスがたまると体は疲れやストレスをためていきます。 

予約、相談は:093-962-9133

 

ほとんどの場合ですが、疲れやストレスは内臓にたまっていきます。

内臓に疲れやストレスがたまると

内臓に疲れやストレスがたまると、歪みやズレが起こります。内臓に疲れやストレスがたまると、下のイラストのように歪みが起こります。

 

筋肉にも疲れやストレスはたまりますが、最終的には多くの疲れやストレスは内臓にたまっていきます。そうすると内臓疲労から歪みが起きて筋肉も影響を受けていきます。筋肉も緊張してコリを起こしていきます。疲れやストレスがたまると、痛みやコリになります。

気泡ができる

 

予約、相談は:093-962-9133

 

気泡の蓄積が歪みになる

体に疲れやストレスがたまっていくと、必ず、歪みになります。

歪みの位置

 

内臓から起きた歪みやズレが背骨の歪みになります。

当院は北九州市八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市などから多くの方が来院しています