内臓疲労

  • はてなブックマークに追加
  • 多くの症状や痛みやコリは最終的には内臓に蓄積下疲れやストレスから起こりますから内臓から元気にしていくと歪みも解消させていきます。

 

小倉南区 50代の女性
以前から長く腰痛があって、色々な病院や整骨院にいきました。けど楽になりません。

院長:
多くの腰痛は特に内臓疲労から起きています。
ある特定部位の内臓が疲労することが腰痛を起こしていますから、その内臓疲労の改善をしないと腰痛はよくなりません。
ある特定部位とは腎臓です。腎臓疲労が軽微であれば低周波治療器や電器でも湿布でも痛みやコリを散らすことはできますが、散らしているだけで腰痛を直している訳ではありません。
一時的に腰の痛みを散らしてわからなくしているだけです。
腰痛の原因から改善しないと、根本的には腰の痛みを感じない時でも進行していきます。
腰痛と先将来の病気とは深い関係があります。
腰の痛みがない時でも腎臓は病気に近づいていきます。
腎臓の悪さが完成したら病院で検査することで陽性反応で病名が付きます。
それまでは病気ではありませんからいくら検査しても分かりません。
腰痛、腰の痛み、ギックリ腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛の原因は内臓疲労です。
腰痛がある時には、痛みを感じる部分ばかり気にしていますが、多くは関係する所があって腰痛になっています。

※腰痛が楽になる変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。体調や体力がついてくるとダルクなりません。
小倉北区 70代の女性
膝の痛みがあって歩く時も痛みがあります。病院でヒアルロン酸を注射を打っても、しばらくすると同じです。

院長:
膝の痛みがある方が多く来院していますが、病院でヒアルロン酸を打っている方も多くいます。
しかし、膝を検査してみるとハレがあったり炎症があってブヨブヨしていたりする方ばかりです。
膝の痛みが片方だけでしたら参考までに両方の足を比べてみます。大きい方がハレがある側です。
膝の痛みがある方は、膝のハレや炎症から改善しないと膝の痛みはよくなりません。
膝の炎症やハレから改善したら膝の痛みの原因になっているものから改善していきます。
多くの場合、膝の痛みの原因になってるものは肝臓です。しかし病気ではありません。病気ではないので病院の検査では判断できません。
病院は病気の専門家です。病気として完成したら病院に行くと検査で陽性反応が出て病名が付きます。

当院では肝臓に蓄積した疲れやストレスを検査する事ができます。
肝臓に蓄積した疲れやストレスが膝の痛みをおこしています。

※膝の痛みが楽になる変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。体調や体力がついてくるとダルクなりません。

 

内臓疲労から

内臓と言うと変な風に思えるかも知れませんが、内臓と言っても病気ではありません。内臓と言うと即、病気と勘違いする方がいますが、病気と言う訳ではありません。

 

内臓疲労から歪みが起きる

 

内臓に疲れが溜まると言うことです。 内臓に疲れがたまることを内臓疲労と言います。この内臓疲労が、体に多くたまると、体は歪みやズレを起こしていきます。 ほとんどの方にあるものですが、多くなると、大変なことを起こしていきます。 年齢に関係なく起きますので、子供さんも内臓疲労は多くたまります。 内臓疲労が多くたまると、体の歪みや筋肉のコリも多くなります。

ストレスとは、疲れです。 ストレスがたまったと言う事は、疲れが溜まったと言い換えることができます。この疲れも多くなると疲労になります。疲労が多くなると疲弊とか、疲労困憊(こんぱい)と言う事もあります。 

この体にたまる疲れはどこかにたまります。 

このどこかが一番肝心です。

腰痛、肩こり、頭痛、便秘、下痢、疲れやすい、眠れない、首の痛み・コリ、生理痛などは内臓に蓄積した疲労から起きています。内臓に疲労がたまっていくと、内臓の働きが悪くなります。内臓の働きが悪くなると、歪みやズレが大きくなります。歪みやズレが大きくなると筋肉の緊張や硬縮は、もちろんですが、椎間板ヘルニアや神経の圧迫、神経の牽引などが起きていきます。

ほとんどの痛みやコリの原因になる歪みやズレは、おおもとは内臓の疲労から起こります。『体が疲れた』と言いますが、ほとんどは、内臓が疲れたと言い換える事が出来ます。

疲れやストレスの蓄積で

体に疲れが溜まると言う事は、内臓に疲れが溜まっていると言う事を言っています。内臓と言っても、病気ではありません。 内臓に疲れやストレスがたまると言う事で体全体の歪みになります。この歪みが背骨の歪み、骨盤の歪みになるわけです。この事を内臓疲労と言います。

内臓と言っても病気ではありません。ほんとのあらゆる原因は、内臓にあります。 内臓に疲れやストレスがたまると体は疲れやストレスをためていきます。 

予約、相談は:093-962-9133

 

ほとんどの場合ですが、疲れやストレスは内臓にたまっていきます。

内臓に疲れやストレスがたまると

内臓に疲れやストレスがたまると、歪みやズレが起こります。内臓に疲れやストレスがたまると、下のイラストのように歪みが起こります。

 

筋肉にも疲れやストレスはたまりますが、最終的には多くの疲れやストレスは内臓にたまっていきます。そうすると内臓疲労から歪みが起きて筋肉も影響を受けていきます。筋肉も緊張してコリを起こしていきます。疲れやストレスがたまると、痛みやコリになります。

気泡ができる

 

予約、相談は:093-962-9133

 

気泡の蓄積が歪みになる

体に疲れやストレスがたまっていくと、必ず、歪みになります。

歪みの位置

 

内臓から起きた歪みやズレが背骨の歪みになります。

当院は北九州市八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市などから多くの方が来院しています