骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 人気があって評判の良い骨盤矯正で小尻になることができますから痛くないボキボキしない北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院

骨盤矯正

骨盤矯正をして行く時には痛くない、怖くない、ボキボキしない、低周波治療器や電器をしない骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正は他とは違って骨盤が小さくなることで人気がありますし自分の手で確かめることができます。

自分の手で骨盤矯正をする前と、骨盤矯正をした後の変化を比べることができます。

他人が計測機械やメジャーなどで測ると位置が違ったりすることや、骨盤矯正するまえにゆるく測って、骨盤矯正をしたあとにキツク測ることもあります。

これを解消する為に当院では自分の手で確認してもらう事をしています。

そのため、難しいことを要求します。

鏡で見るよりも一番、喜んでもらえるのが自分の手で変化がわかることです。

ですから自分の手でわかるように触ることこそ、一番、重要になります。

しかし、ただ触るとわかりません。

骨盤矯正といっても5センチも10センチも一度に変わることはありません。

そんなマジックみたいなことはできませんから。

当院では、本当に骨盤が小さくなって小尻になることができますから。

骨盤矯正

骨盤矯正をして行くときには、骨盤矯正に入る前に股関節の上の部分を触って幅をおぼえてもらうようにしています。

小尻になる時は、小尻ですから骨盤の幅を変えていくわけですが、多くの方が骨盤の横幅を触ってというと、良くわかっていません。

院長が手のヒラで、「ここをこう言うふうに触って幅をおぼえて下さい」といって見せるのですが、それでも同じ部分を触ってくれる方は少ないので院長が手をもって位置を変える事もあります。

骨盤矯正という意味も良くわかっていないで骨盤矯正を受けることないようにしてほしい所です。

骨盤矯正の触る位置

骨盤矯正の時に触る位置は股関節の骨の上です。

そして真横です。

ここを小さくしていくのが骨盤矯正で小尻になると言う事です。

骨盤矯正でかえる位置

骨盤矯正と言うのは骨盤自体の幅を変える事ですから。

後ろから見て骨盤が小さくなることが小尻です。

前から見て骨盤が小さく見えるのが骨盤矯正です。

骨盤の幅だけではなく股関節の出っ張りも解消していきます。

骨盤矯正の治療は

骨盤矯正をしていく時に検査することができますから検査してみると、骨盤の歪みや骨盤の開きは、もちろんですが、それ以上のものも起きています。

骨盤矯正を行うときには、骨盤の状態を確認しないといけませんから、骨盤に何かの異常が起きていないか検査する事をしています。

検査してみると多くの方に異常が見つかります。

検査してわかることは、筋肉・じん帯の炎症やハレ、骨盤の炎症やハレ、内臓の状態などです。

骨盤矯正をしていく時には、骨盤の歪みや開きだけではなく、最近は変な状態が起きています。

このことを異常を言っていますが、異常は普通では起こりません。

異常とは

骨盤の異常とは、当院でも検査する事ができますから、ある方の骨盤を検査してみると小尻にはなったのですが何かの異常を感じることがありました。

骨盤自体の異常を感じたのですが、その時は何の異常かわかりませんでした。

いつも研究することをしていますから、いつも考えながら普段通りの治療をしていると、先ほどと違った方にも異常を感じます。

この異常が何なのか見つけることが必要でしたので、考えながら骨盤矯正をしていると骨が炎症を起こして中がジュクジュクになっていることがわかりました。

そして骨の中がジュクジュクしている部分は肥大していました。

つまり肥大とは骨が大きくなって変形していると言う感じです。

特に恥骨の部分とベルトの部分の骨盤の上端で手を腰に当てるときに当たる部分がハレている方が多くいます。

骨の変形まで行くと簡単には解消しません。

骨盤の変形が

骨盤の変改がある方は変形が原因ではなく眠りに問題がある可能性があります。

夜、寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしていることが多くあります。

この場合を睡眠負債といいますから睡眠負債が多くなればなるほど大変なことが起きています。

睡眠負債と言うのは心筋梗塞や脳こうそく、認知障害、ボケになる確率が一番、高いからです。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから骨盤矯正が人気で評判の良い骨盤矯正をしています。

2017年11月06日