生理痛を解消する

  • はてなブックマークに追加
  • 生理痛になる時に体調が悪いとホルモンのバランスも崩れているし骨盤の歪みができると下腹部痛、腰痛なども起きやすくなります
生理痛は

生理痛とは

生理の時に生理痛が起きるのは、何かの異常が起きている時です。

この異常を見つけて解決していくことをしないと先将来、不妊症や子宮の病気、卵巣の病気を起こす可能性が高くなります。

不妊症や子宮の病気、卵巣の病気の予備軍の方が病気になる前に生理痛になっている可能性が高くありますから、なる前に、どんどん進行する前に改善していきたいと思います。

病院では病気として完成したら検査してわかる所です。

しかし、なる前では病気ではありませんのでわかりません。

病気もゼロから100に一気になることはありません。

しかし、こわいことに、もうスタートを切っています。これが生理痛としてあらわれています。

だから痛み止めの薬などで抑えてばかりいると大変なことになります。

頭痛薬も薬ばかりで痛みを止めていると脳こうそくに半数の方がなっているとテレビで言っています。

色々な痛みは何かの前兆を表していますが、病気として完成しないと病院ではわかりませんが、当院の検査法では、それがわかります。

生理痛が起きるのは

 

当院の検査法は

当院の検査法は、病気になる前の内臓を判断しています。もちろんこの時には病気ではありませんから「弱っている」と言います。

弱っている内臓が子宮や卵巣とホルモン系でしたら生理痛が起きてしまいます。

 

当院では体質改善という治療法があります。

体質改善と言う治療法は体の中から直していく方法です。

体の中から直すのは内臓です。しかし、直す体調と体力が必要になりますから、体質改善をしていくまえに数回は体調を上げていくことから始めないとできません。

体調を上げると骨盤の歪みが解消させて閉じていきます。

卵巣や子宮は骨盤の中にあります。

骨盤が歪んでいるだけで、どれだけ子宮や卵巣が影響を受けるかと言う事があります。

多くの方の体調が落ちています。体調が落ちると骨盤は必ず歪みや開きを起こしていきます。

 

生理がある時に生理痛は、普通は起こりません。しかし、何かの原因のある方に生理痛は起こります。


生理に関係するホルモンなどが弱い方が生理の時に、体調が落ちていると生理痛になります。

体調が悪くなくていい時には、生理痛も軽くて済みます。

生理の時も軽いときもあれば、生理痛が強いときもあります。この差が体調です。生理になるときに生理痛が起きるのは、体調が落ちているときに、起きますが。 

 


北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから生理痛を改善する


2017年07月12日