腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みは

腰の痛みや腰痛が起きるのは、体調と体質から起きていきます。

腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みが起きるのは、体調が落ちた時に切っ掛けで起こります。

この切っ掛けは

  • 長く中腰をしていたら、急に腰が痛くなった
  • くしゃみをしたら、腰に痛みが走った。
  • 車の運転を長くしていたら、腰が痛くて体が真っ直ぐ伸びない
  • 靴下を履こうとしたら腰が痛くなった。
  • ハイヒールを履いていたら、腰が痛くなった。
  • 腰が痛くて長く歩けない
  • 腰が痛くて長く立つことができない

色々な腰痛、腰の痛みがありますが、原因があります。ほとんどの場合、この原因の為に、腰が痛くなります。

腰痛、腰の痛みの原因は

腰の痛みが起こりやすいのは、疲れやストレスの蓄積です。まず腰にたまった疲れやストレスを軽くしていく事で腰痛、腰の痛みが楽なっていきます。

しかも、腰にたまる疲れやストレスは内臓にたまっていきます。

内臓と言っても病気ではありません。 内臓に疲れやストレスがたまるとと言う事で腰痛、腰の痛みになります。

内臓と言うのは、もっと具体的に言うと、腎臓です。 つまり腎臓が疲れてくると、骨盤の歪みが起こります。もちろん、土台である骨盤が歪みを起こせば、背骨も歪みを起こしていきます。

 

 

 

 

 

 

  • はてなブックマークに追加
2017年01月11日