腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛を楽にしていくには根本から改善することも考えましょう、北九州の近隣で北九州市から多くの方が訪れる徳力整体院
腰痛

腰痛を楽にしていくには

腰痛というのは突然、起きてしまう事が多く厄介な痛みになります。

何もしなくても腰が痛かったりズキズキうずく感じが起きたりします。

腰痛が起きる時には、普通は起きやすいのは体を曲げて重いものを持ったりする時に腰が痛くなったりします。

腰痛が起きるときには、車の運転を長くしていると腰が痛くなります。

腰痛が起きるときには、立っているだけで腰が痛くなります。

腰痛が起きる時には、寝ているだけで腰が痛くなる時もあります。寝具を変えたりすることもありますが原因は違う所にある場合が多くあります。

腰痛が起きる時には、庭仕事をして立とうとしたときに腰が伸ばせなくなって腰が痛くなります。

腰痛が起きる時には運動をして腰が痛くなる時もあります。

腰痛が起きる時には靴下を履こうとして腰が痛くなることもあります。

腰痛が起きる時には、何かを取ろうとして体を伸ばした時に腰が痛くなる時もあります。

腰痛が起きる時には、足を組んで座っていると腰が痛くなることもあります。

腰痛が起きる時には、横すわりをしていると腰が痛くなることもあります。

腰痛が起きる時には、何かを跨ごうとして腰が痛くなる時もあります。

腰痛が起きる時には、自転車に乗っているだけで振動で腰が痛くなることもあります。

腰痛が起きる時にはデスクワークでも腰が痛くなることもあります。

腰痛が起きる時には、座ったり立ったりすることでも腰が痛くなることもあります。

腰痛が起きるときには、カバンを持ってい歩いているだけで腰が痛くなる時もあります。

色々な条件で腰痛が起きてしまいますが、これらは原因ではありません。

腰痛を起す原因は

普段と同じように思いものを持っても腰痛が起きないことがあります。

例えば、重いものを持っても腰が痛くない時もあります。

庭仕事で同じことをしても腰が痛くならない時もあります。

同じことをしても腰が痛くならない時もあります。問題は、この差です。

どうして腰が痛くなる時もあれば、腰が痛くならない時があるのか???

ここに、本当の腰痛を起す原因があります。

腰痛を起こしている原因を改善しないと、ただ、腰の痛みばかり気にして楽にする事ばかりしていると繰り返しやすくなります。

そして、一時抑えばかりしていると悪化したり、椎間板ヘルニアになったり、坐骨神経痛になったり、脊椎間狭窄症になったり、違うものが腰痛と関係して起きたりします。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛も特別なモノではありません。

腰痛の方がを検査してみると椎間板ヘルニアがあることがわかると、患者さんに説明する時に「椎間板ヘルニアがありますよ」、と言うと、「私ですか?」と言うことをい言われます。

腰痛の原因

腰痛を起していく原因は骨盤の歪みや骨盤の開きにあります。

骨盤の歪みや骨盤の開きができた時に、腰が痛くなるような姿勢をすると腰痛になります。

悪化したものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛です。

必ず腰痛が起きる時には、骨盤の歪みや骨盤の開きがあります。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きがあっても痛くはありません。何も感じません。だたし限界を超えるまでは。

歪みや開きも程度があります。程度が大きくなれば、いつでも起きる要因ができています。

骨盤の歪みや開きが大きくなるのは、原因があるから変化しています。

歪みが大きくなったり、すこし減ったりしています。

骨盤の開きが大きくなったり、開きが少し減ったりします。

この変化が起きるのが体に蓄積したものが原因です。

体に蓄積したあるものとは、疲れやストレスです。

毎日の生活で蓄積する疲れやストレス。

これがたまるのは限界がなくたまりますからたまればたまるほど歪み、開きが大きくなります。

しかし、この時には痛みはありません。

腰痛、腰の痛みになるのは、切っ掛けが必要です。

切っ掛けとは重いのもを持つ、中腰、車の運転で同じ姿勢、立ちっぱなし、などです。

両方が重なった時に腰痛になります。

片方では腰痛は起こりません。

必ず腰が痛くなる時には骨盤の歪みや骨盤の開きがあります。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きを改善しなくても腰痛、腰の痛みは楽になることもありますしできます。

それが湿布を貼ったり、マッサージ、鍼灸をしたり、低周波治療器や電器をしたり、注射を打ってもです。

しかし急激な腰痛は楽になっても骨盤の歪みや骨盤の開きがあります。

 

 

北九州近隣で北九州市から多くの方が来院する「八幡西区 腰痛」、「八幡西 腰痛」などの検索でも。

2018年01月11日