肩こりは

肩こりは

  • はてなブックマークに追加

肩こりは筋肉のコリですが、筋肉がコリを起こすときには、体調が関係しています。調子の良い時には、肩こりは強く起こりません。

必ず、体調が良いとき、調子が良い時は肩こりは強く起こりません。体調が落ちて崩れた時に、肩こりは強く起きます。

肩こりは肩こり体質の方が

肩こりは体調が落ちた時に起こりますが、何も原因がないのに、体調が落ちた時に肩こりは起きるものではありません。

肩こり

肩こり体質

肩こりになる体質と言うのがあります。

この体質の為に肩こりが体調が落ちた時に肩こりになります。肩の筋肉が固い肩がいます。肩の筋肉が固いと、老廃物もたまりやすく、リンパの流れが悪くなります。

そうすると、肩こりが起こります。

肩こりの筋肉の事を説明していましたが。

もちろん、肩こりは筋肉だけではありません。

歪みやズレからも

肩こりは歪みやズレからも起きています。 背骨が歪みやズレを起こしていると、筋肉も引っ張られたりして緊張・硬縮したりして肩こりになります。

背骨が歪みやズレを起こすと、背骨についている筋肉も何も起きないことはありません。筋肉にも影響する歪みやズレは、普通に起こります。

そして、悪化すると、椎間板ヘルニアにもなります。 肩こり体質の方が体調が落ちていって、もっと落ちると、歪みやズレが強くなって、椎間板ヘルニアになります。そうすると、コリと言うよりも、痛みになります。

肩こりで痛み

しかし、歪みやズレが起こるのも体調の悪化から起きていきます。

体調の悪化で

体調が悪くなると、どこまでも落ちる可能性があり、底なしです。

底なしのような状態まで落ちた方は、回復力も落ちています。この回復力は簡単には上がりませんが、定期的な施術で体調と体力を上げていく事が出来ます。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

2017年01月25日