腰痛、腰の痛み

  • はてなブックマークに追加
  • 腰痛、腰の痛みは骨盤の歪みから起きています。骨盤の歪みが起きると腰の周辺の筋肉やじん帯は緩んだり、緊張したりして体を保持することが出来なくなって腰痛、腰の痛みになっています。
腰痛には原因があります。

腰痛、腰の痛み

①カルテにお名前、住所、お電話番号を書いて下さい、症状のある所に〇か部分を鉛筆で塗って下さい。該当する症状がなければ空白欄に書いて下さい。

②カルテに書いてもらった、又は〇をされた症状の部分の詳しくをお聞きします。肩こりの位置や、いつから腰痛、腰の痛みになっているか、簡単に今までどんな施術をしたのか。お聞きします。答えられる範囲で答えて下さい。

③施術に入ります。ベットに寝て下さい。

④腰の部分を確認していきます。どの辺が痛いのか、

⑤確認作業と検査を同時に行いながら腰痛、腰の痛みを解消していく施術に入ります。

⑥ひどい所ほど回復が遅れて残りやすくなりますが、まず、周りから攻めていきます。

⑦骨盤の歪み、背骨の歪み、疲れやストレス、神経圧迫、炎症、ハレ、靭帯・筋肉バランスの状態、血流、リンパの流れなども確認していきます。

⑧腰痛、腰の痛みを解消するときも、体力がないと施術ごにはダルクなる方がいます。これは回復する力がないため、回復する方に体力が取られてせいです。

回復させることと体力を上げる事をしていきます。

⑨腰痛、腰の痛みには数回かかることが多くあります。

 


腰の痛みは

当院の整体、カイロプラクティックの施術で腰痛、腰の痛みを解消していく事をしていますが、痛みは歪みから起きています。

この歪みから変えていく事で腰の痛みを解消することをしています。

腰痛、腰の痛みの原因から改善していく施術なので痛みを散らす電器などはしていません。

腰痛、腰の痛みは原因が体調の低下で起きる歪みですから、この歪みを矯正して骨盤や背骨を整えていく事をしています。

しかし腰痛、腰の痛みの原因になっている歪みを起こした原因があります。なにも原因がないのに歪みが起きる事はありませんので、何かの原因があるわけです。

しかも、姿勢などは切っ掛けです。重いものを持って腰の痛み、前かがみの姿勢で腰痛、車の運転で腰が痛い、中腰をしていたら腰が痛くなったなどは切っ掛けです。

切っ掛けが起きる前に、いつ起きても良い状態になっているからです。

これが骨盤の歪み、背骨の歪みなどです。

歪みが起きると限界まで筋肉やじん帯が支えてくれますが、限界があります。この限界を超えた時に腰痛、腰の痛みになります。

限界を超える訳ですから筋肉やじん帯も、こらえきれないで炎症やハレを起こしています。

限界を超えた時に、痛みになるので、この時には体全体に疲れやストレスが多くたまって体調が悪くなっている時ですね。

痛みは

腰の痛みはストレスがたまると起きています。腰の痛みになる所にストレスがたまると腰痛やギックリ腰(急性腰痛の捻挫)などが起こります。ギックリ腰は関節が大きいので痛みが強くなりますが捻挫の一部です。

体にストレスがたまってくると体調が悪く庵って行きます。この体調の悪さが歪みを起こしていきます。この歪みは骨盤の歪みや骨盤が開いたり、背骨のズレや筋肉、靭帯のバランスの悪さが起こります。このバランスが崩れた時に切っ掛けで腰痛、腰の痛みになります。

この切っ掛けは、重いものを持つ、体をヒネル、足を組む、あぐら、靴下を履こうとして、ハイヒールを履いて腰が、などで起こります。

腰痛、腰の痛み

切っ掛けで痛みになる前に、もう、いつ起きても良い状態になっています。悪化させると椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。腰痛、腰の痛みが悪化させたものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。

痛みが強くて、嫌になる腰痛は体にあるものがたまった時に起きています。 これは、誰でもいつでもあるものです。特別なものではありません。これが体にたまると腰が痛くなりやすい方が腰痛、腰の痛みになります。

蓄積すると

この特別なものではないものが多く体に蓄積しただけで、体は歪みを起こしていくものです。 しかも、際限なく蓄積していくものですから、厄介です。

しかも、たまり過ぎて、すごく体調が落ちている方もいるくらいです。この状態まで落ちていると、簡単には体調が上がらないくらいの方もいます。 この方は、施術した時には、良い感じがするのですが、しばらくすると、また崩れてしまいます。つまり戻ります。

戻りがある方の場合は、腰以外の所から解消していかないと、腰の痛みが根本的には楽になりません。

この特別なものではなくいつもあるものとは、疲労(蓄積した疲れ)です。又は、同じことですが、ストレスとも言います。ストレスもより多く蓄積すると体にとっては、すごいストレスになります。しかも、これが際限なくたまるわけですから。際限ないということは限界がないという事です。 たまるのにここまでと言うことがないと言う事です。

この為に、

腰が弱い方、腰に痛みが起こりやすい方、腰痛持ちの方が、腰の痛みを起こしています。

腰痛、腰の痛み持ちの方も疲れやストレスが少ない時には、どんなことをしても痛みにはなりません。 同じことをしても腰に痛みが起きる場合と起きない場合があると思います。 これが疲れやストレスの蓄積した量に関係しています。

疲れやストレスの蓄積が腰痛、腰の痛みを起こしています

疲れやストレスは、簡単には考えないで下さい、疲れやストレスも多くなると、老化を促進してしまうし、病気になる確率が高くなります。

腰痛、腰の痛みと言うと体に疲れやストレスがたまって起きるという事は説明してきました。

では、体の何処に疲れやストレスはたまると腰痛、腰の痛みになるのでしょう。

ここが一番大切な所です。

それは、腎臓にたまります。腎臓に疲れやストレスがたまると、大腰筋、腸骨筋と言う筋肉バランスが崩れてしまいます、筋肉バランスが崩れると、骨盤が開いたり、骨盤が歪みを起こしたりします。 背骨も骨盤の上にありますので、背骨も歪みを起こすのは当然です。

腰痛、腰の痛み、ギックリ腰を改善するなら

しかも

悪化させると椎間板ヘルニアになります。そして坐骨神経痛や足の痛み足のしびれが起こります。

ギックリ腰も腎臓に疲れやストレスがたまって起こります。 この時には限界を超えて骨盤が開いています(歪みも)。体を靭帯が支えきれないで腫れあがって炎症が大きくなります。これが、ギックリ腰です。ギックリ腰と言うのは、捻挫です。腰の捻挫が、ギックリ腰です。安静にしていれば3日くらいで靭帯の炎症が収まります。安静が第一です。お風呂に入らないようにしてください、強いハレと炎症ですから。

 

腰の痛み腰痛は、切っ掛けと原因があります。

腰痛、腰の痛み

 

まず、切っ掛けですが、

  • 重いものを抱えようとして腰が痛くなった。
  • 体を捻って物を取ろうとしたら急に腰に痛みが起きて、それから痛い。
  • 座り仕事の事務仕事で腰が痛くなりやすい
  • 足を組んで座っていると腰が痛くなった。
  • 長時間の車の運転で腰が痛くなった。
  • 庭仕事をしていて、立とうとしたら、腰が痛くて立てなくなった。
  • くしゃみをしたら腰にきて、それから痛くなった。
  • 横座りをしていたら、急に腰が痛くなった。
  • 釣りに行って岩場に長く座っていたら、腰痛になって、足まで痛くなった。
  • 寝て朝起きたら腰が痛くて動けなくなった。 などなど色々な切っ掛けがあります。

腰痛、腰の痛みは

腰痛腰の痛みは色々な原因がありますが、一因は、切っ掛けで起こります。

この切っ掛けで起こりますが、原因があります。この原因がある時に、切っ掛けが重なると腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛みの本当の原因は、

疲れやストレスの蓄積で起こります。

疲れやストレスと言っても、簡単に考えては良くありません。 と言うのは、疲れやストレスと言うのは、非常に厄介ですから。  体に疲れやストレスがたまると歪みやズレが起こります。 この歪みやズレが、大きくなると、骨盤も開いたり、歪みを起こしていきます。


ほとんどの場合、体に疲れやストレスが多くたまって腰痛、腰の痛みは起こります。体に多くの疲れやストレスがたまることで体は自然に歪みを起こしていきます。 この歪みが骨盤の歪み、骨盤の開きになっています。 そうすると、骨盤が土台ですから、背骨を支えきれません。 この時に切っ掛けで腰痛、腰の痛みになります。

骨盤の歪みや開きから腰痛、腰の痛み

 

骨盤が歪みを起こしただけでも、背骨の靭帯、筋肉は姿勢を保持できません。 体も支え切れなくなります。この状態の時に、中腰や、前かがみの姿勢、重いものを持つなどの切っ掛けで、腰痛腰の痛みになります。

 

では、どこに疲れや疲れやストレスは、たまるのか

それは、

腎臓にたまります。

疲れやストレスはほとんどの場合、病気ではなく、内臓にたまります。

内臓の腎臓に疲れやストレスがたまると、腰痛になります。

腎臓に

腎臓に疲れやストレスがたまると大腰筋、腸骨筋のバランスが悪くなります。

腎臓から腰痛、腰の痛み

 

バランスが悪くなると、骨盤が歪んだり、骨盤が開いたりしていきます。

下のイラストが大腰筋、腸骨筋です。

大腰筋、腸骨筋のバランスが悪くなると、腰痛、腰の痛み

大腰筋、腸骨筋のバランスが崩れたイラストです。


崩れた大腰筋と腸骨筋で腰痛、腰の痛み

 

体質改善の施術

当院には体質改善という施術があります。 体質改善と言う施術は、別名体質改善 アンチエイジング(若返り)とも言います。

腎臓が弱いと、疲れやストレスはたまりやすくなります。つまり、腰痛、腰の痛みが起きている方は、腎臓に問題を持った方なんです。しかし、今は病気ではありません。 先将来に、もしかしたら、可能性がという感じです。

その途中で、腰痛、腰の痛みになっています。 しかも、疲れやストレスが腎臓にたまった時に腰痛、腰の痛みになります。

これを駆らないようにしていくのが体質改善の施術で腎臓を直す方法です。

 










 

当院は北九州市八幡東区、八幡西区、戸畑区、若松区、門司区、下関市、行橋市などから多くの方が来院しています