肩こりを楽にするなら

肩こりを解消していくためには、色々な方法があると思いますが、湿布を貼っても楽になる肩こりもあれば、家族の方に肩を叩いてもらうことで楽になる肩こりもあるでしょうし、専門家の先生までいって肩こりを解消してもらわなければ楽にならない肩こりもありますし、周波治療器などに代表される電気などをかけても楽になる肩こりもあります。

肩こり

しかし肩凝りが起きると肩の筋肉の部分を押したり、揉んだり、マッサージをしたり連休かけたり湿布を貼ったりする事ばかりに集中してしまって、肩こりが、どうして起きているのかということを確認もしていないし、検査をすることもしていませんので原因が残ったままになっているということが専門家の先生もわかっていません。

専門家の先生も分かってはいないけど肩の筋肉を押したり、揉んだりマッサージをしたり電気をつけたりすると、楽になるため表面上の問題ばかりに集中してしまっているということで解決に至っています。

肩こりには

 

肩こりといっても体に異常が起きて起きていることですから、どこかに原因があって起きていることだと考えなければ何も原因がなくて、筋肉のコリが勝手に起きたりすることはありませんので、どこかに何かの原因があるということで、肩の筋肉のコリを起こし肩こりとして感じてしまっているんです。

肩こりといっても原因があって筋肉のコリを起こしているわけですから、何も原因がなくて筋肉のコリが起きたり、筋肉の解消が自力でできないということは大変、変な話になりますので必ず、どこかに何かの原因があって、肩の筋肉のコリが起きたり解消できることができないということが起きています。

一般の方も気が付いていないと思いますが、どうして肩こりが起きるのかという問題がありますので、肩こりが起きたら揉んで楽になっても原因が残ったままになっていると肩こりを感じていない時でも、肩こりが楽だと思っても原因は、いつまでも同じままではいられませんので進行して行きます。

普通一般的に肩こりが起きても

 

普通は肩こりが起きても何も考えることもなく、ただ強さばかり肩こりを感じてしまって悩んでばかりいると思いますが肩こりが起きる時には普段の生活から肩こりが起きて行きますので肩こりが起きるためには体の崩れが一番に考えられます。

肩こりと体操とストレッチ

体の崩れというのも抽象的な話になりますが、普段の生活している時や運動したり仕事をしたり体を動かす笑えることで疲れが身体に溜まっていき溜まった疲れが身体の崩れを起こして行きます。

しかし疲れの特性から言うと疲れは、生み出されて体に溜まった時にしか感じ取ることができないため仕事をして、今日は疲れたなーと思っても、その時にしか感じ取ることができなくて溜まっていることに気がついていないことがあり、気がついていないことが原因で体に蓄積を多くしてしまい体の崩れを起こして行きます。

肩こりを起こすのは

 

肩こりを起こすのは何も特殊なものが必要ではなく特別なことでもなく、普段の生活でご自分の生活態度といえば変な風に聞こえると思いますが、生活したり、仕事をしたり、体を動かす洗えることでも、階段を上ったり下りたりすることでも、掃除や料理をしたりすることでも買い物をしたり、車の運転をしたりすることでも、ありとあらゆることから疲れが生じて行きます。

1日に新しく生み出された疲れが、その日のうちに解消できれば問題はありませんが、完璧にまたは、完全に疲れがなくなることはなく、徐々に疲れを溜め込んでいくため疲れが疲労になり疲労した疲れが蓄積疲労になっていきます。

蓄積した疲労も限界なく溜め込んでしまうため人の体は、ここまでしか疲れがたまらないということはありませんので、無限大に疲れが蓄積してしまい蓄積していることさえ気がつかないで普段から生活しています。

無限大まで溜まってしまった疲れが身体の崩れを起こしていくのは、当然の結果ですけど疲れの特性というのを、皆さん、わかってもいないし、専門家の先生も考えてもいませんので理解できていない方が多くいるため、単純に肩こりと言うと筋肉を押したり揉んだりマッサージをしたり電気をつけたりする方法ばかりなんです。

マッサージをしたりする時に、肩の筋肉が固いですねとか貼っていますねっていうのは触った時間であり検査しているわけではありませんので、検査もなしにマッサージすることをして、本当にやらかくなっていることができていれば、普通ですが、それでも一時的に楽にすることしかしていませんので、しばらくすると、また同じことが繰り返されてしまいます。

検査はなく筋肉をしたり揉んだり、マッサージをしたり、電器をかけたりしても、しばらくは楽になるんですが、楽になっても原因が残ったままになっていますので、しばらくすると、また同じことを繰り返したり違う問題を起こしたりすることもあります。

疲れと肩こり

 

疲れの蓄積ほど人の体にダメージ与えるものはなく、ダメージを与えても人の感覚神経では感じ取ることができないため、新しく生み出された時に、または、新しく作られた時にしか疲れは感じません。

普段の生活からも疲れは新しく生み出されていき生み出された疲れは生み出された時にしか感じ取ることができないため溜まっていることに気がついていないし残っているのに気がついていません。

例えばですけど、新しく疲れが満たされても、100%消えることはなく残るのがどれくらいかということは人それぞれ違っていきますけど、減るものもあれば、増えるものもあるという原理から、減るものに対して増えるものが多ければ蓄積されていきます。

2021年06月04日