肩こりを解消する

肩こりは筋肉のコリと多くの方が思っています。

専門家の先生も筋肉のコリだと思って、湿布を貼ったり、電器をかけたり、ストレッチしたり、温めたり、揉んだり、マッサージしたりする方法がありますが、どうして筋肉のコリが起きたのか、と言う事までわかっていないのに、これをしたら肩こりが楽になるから、やる、という事が一般的です。

肩こり

肩こりの検査

普通は肩こりの検査と言うのはありません。

検査もなく楽になるからと言って施術をしている場合が多くあり、楽になる施術で肩こりを解消しているのが現実です。

例えば筋肉を触って「固くなっていますね」と言うのは検査ではなく触った実感です。

では、揉んだら、その筋肉が柔らかくなるのか?

一時的には柔らかくなるかも知れませんが、時間とともに戻っていきます。

その理由は、筋肉は、揉んだくらいでは、変化しないからです。

肩こりの原因

肩こりにはコリになる原因があります。

何も原因が何もないのに筋肉のコリが起きることはありません。

なにも原因がなくてコリが起きる事こそ、不自然です。

しかし多くの方は、そこまで考えません。

考えない理由は、検査ができないからです。

検査が出来なければ、どうして肩こりが起きているのか、わかるはずはありません。

しかし、目で見ても、手で触ってもわかるものではありません。

それが肩こりを筋肉のコリだと決めつけている原因です。

肩こりの僧帽筋

筋肉のコリ

肩こりになる筋肉のコリは、上記の僧帽筋という名前の筋肉が起こすと言われています。

僧帽筋が何かの理由でコリを起こしていくと代謝も悪くなり、循環ができなくなります。

しかし使うことをしても回復するべき筋肉が、どうして回復しないのか?

どこの筋肉だって、運動して筋肉疲労を起こしても、回復しています。

それが、どうして回復してくれないのか?

肩こりの施術は

当院では筋肉を揉んでいますが、目的が揉むことではありません。

マッサージであれば筋肉だけを対象としていますので揉んだり、マッサージして肩こりを楽にしていきます。

しかし、それだけしても肩こりは楽にはなるでしょうが、ならない方もいます。

その理由を見つける為にも原因を調査する必要があります。

当院では肩こりを起こしているのは…

① 筋肉のコリ

② 背骨のズレ

③ 眠りの問題 からだと思っています。

 

 

2022年06月21日